本文へスキップ

刀剣商合同展示即売会 2019’新春浅草刀剣まつり

電話でのお問い合わせはTEL.048-644-3477

〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町3-7
(有)清水商会内 刀剣まつり実行委員会

2019’ 新春浅草刀剣まつり

全刀商組合員による合同展示即売会
戸山流居合道誠斬会抜刀演武会



















2019’第1回新春浅草刀剣まつり
平成31年 年頭イベント
1月13日(日)AM10:00〜PM5:00まで
1月14日(月・成人の日))AM10:00〜PM5:00まで
パスポート1000円 2日間有効
上野・東京 浅草寺二天門前 
都立産業貿易センター台東館 7F 南側

(東京都台東区花川戸2-6-5)




 元禄赤穂事件・忠臣蔵の刀剣
江戸時代元禄15年12月15日(1702年)、ご存知忠臣蔵赤穂浪士が、
吉良邸討入りに使用された刀剣は、どんな名刀か?
現在までに残された資料から明らかになったのは、主力は槍25本。
その他長太刀(薙刀)4振、弓6張などで、
深夜に当時の完全武装した地味な普段着の浪人が、襲撃し、
2時間で吉良方を皆殺しにした(16名死亡、20名負傷)事件で、
死者はほとんど槍傷や弓矢傷が中心だったようです。
刀剣は、実用刀、実戦刀で特別な名刀は無く、
普段日常生活の中で使用されているものばかりで、
それらもほとんど使用されていないようです。
(刀剣は、実戦使用されていないので、現在これほど多く日本中に
残っているとも考えられます。)
浅草は、吉良邸(墨田区本所松坂町)まですぐ近くで、
縁も深く、庶民に伝わる忠臣蔵伝説も数々あり、
遺品の刀剣まで出現することがあります。
今回の刀剣まつりでは、大刀剣市でお馴染みの、
全刀商組合員刀剣商11社が集まり、一般の方、初心者の方や
女性の方にも、もっと気軽に楽しんでいただけるような、
皆様に納得いただける安心価格の刀剣を、
合計300振以上展示即売致します。忠臣蔵赤穂浪が
使用しているような刀剣も、ぜひお楽しみ下さいませ。



お知らせ

2018年12月23日
イベント情報掲載しました。

2018年10月7日

サイトをオープンしました。